2017年8月15日火曜日

訴訟案件

お盆休み・・。
ずーっと訴訟関連の意見書をつくるために資料の読み込みと検証するための計算など行っています。
ちなみに、訴えられているのではなく、お手伝いです。

訴訟や調停の意見書作成の仕事を常にいくつか抱えて進めています。時々裁判所で証人尋問を行うこともあります。

お手伝いを引き受けるのは、一般ユーザーの場合もあれば、工務店などの場合もあります。
引き受ける基準は、
■正義かどうか、真実かどうか
■建築基準法等関連法規上正しいかどうか
■人間としてまっとうかどうか
などなどです。

真実や正義はどうあれ、裁判で勝った方が真実になるという考えは大嫌いです!

でも、ドラマのようなそんな話は日常的にあることに驚きます!

世の中様々な人がいるのもで、
とにかくお金を踏み倒そうとクレームに次ぐクレームを言ってくるモンスターユーザーとそれに加担し、ユーザーを煽り、ユーザーからたっぷりと報酬を得る建築士とそれらを弁護する弁護士・・。

建物や構造物の安全性や人命よりも保身しか考えていない建築士・・。
 屁理屈に次ぐ屁理屈で安全だと言い張る建築士。

怒りを通り越して悲しくなってきます・・。
真っ当に生きていきましょうね!

■お問い合わせ■
㈱M's構造設計Mail
info@ms-structure.co.jp(佐藤実直通)

㈱M's構造設計HP
http://www.ms-structure.co.jp/

構造塾HP
http://www.ms-structure.co.jp/kozojuku.html

佐藤実Facebook
https://www.facebook.com/minoru.sato.165

㈱M's構造設計Facebook
https://www.facebook.com/ms.structure/

構造塾Facebookグループ
https://www.facebook.com/groups/332629670201418/
 

2017年8月1日火曜日

7月に読んだ本です

ビジネス系、自己啓発系が好きなようです。
仕事に関連する本も読まないと・・・。

・多動力:堀江貴文
 →かさこさんのブログで紹介されていたので読んでみました。
  めちゃくちゃ面白かったです。とても読みやすい。
  ホリエモンの本は初めてでしたが、今までの固定観念が一変
  するすることが多々ありました。若干偏った考え方もありま
  すが、そこは各自の判断で。


・魔法のコンパス 道なき道の歩き方:西野亮廣
 →こちらも、かさこさんのブログで紹介されていたので読んで
  みました。お笑い芸人キングコングの西野さん自体、あまり
  好きではありませんでしたが、本を読んでかなり好きになり
  ました。人生を良く考え判断しているのだと。
  各所に笑わせようとしている様な表現もありますが、正直
  面白くはありません。お笑い芸人より作家、まちづくりなど
  が向いているのかも・・。

・必ず食える1%の人になる方法:藤原和博
 →上記西野さんお勧めの本だったので読んでみました。
  上記2冊のネタ元になっている様な内容がいくつかありま
  した。仕事で使えそうなネタ、事業の方向性など参考に
  なります。

・人生の勝算:前田裕二
 →こちらも、西野さんお勧めだったので読んでみました。
  個人のサクセスストーリー的な内容です。表現方法が難しい
  箇所や知らない単語が多々あり、意味を調べながら読み進め
  ました(個人のレベルの問題かも)。全体を通してまあまあ
  の内容でした。上記3冊が面白かったので・・。

・伝え方が9割②:佐々木圭一
 →初版の「伝え方が9割」が面白かったので②も買って数年
  熟成されていました。内容は初版の復習と新規内容が
  ちょっとだけ。初版ほどの衝撃はありませんでしたが日常
  でも仕事でも使えそうな伝え方は多々ありました。

・自分を操る超集中力:Daigo
 →僕に最も足りていない集中力、それがどのようなもので、
  どのように活用すれば良いのかがわかりやすく解説されてい
  ます。早速、集中力を活かす方法を試し始めています。
  結構使えます。

・「好きなことだけやっていきていく」という提案:角田陽一郎
 →これも、西野さんお勧めの本。上記ビジネス書に内容がよく
  似ている。成功している人たちは同じようなことを考えてい
  るのだということが良く分かりました。「好きなことを仕事
  にする」ことの認識が変わる内容で参考になりました。

・エグゼクティブダイエット:土井英司
 →現在ダイエット中なので、参考になることが多々ありまし
  た。早速筋トレを実施中。食事の取り方も若干参考になり
  ます。ただ、ビジネスマンはランチ、夜の会合など、食事
  制限できないことがあるため、朝食を抜いて調整という
  考えはわからんでもないけど真似はしません。

7月の中旬から突然、本を読めるようになってしまった!
(本が普通に読める人には理解できないかもしれませんが、読みたくても読めないのです。文字が頭に入ってこない、眠くなる、気が付くと寝てる・・。)

今までは年間1冊か2冊しか読まなかったのに、ダイエットでジョギングをし始めてから(たぶん)急に本が読めるようになりました。

せっかくなので、読んだ本の内容を忘れないように、そして勝手な評論で皆様にお伝えして行きます。
8月も読んだ本を紹介します。きっと、忘れなければ・・。

■お問い合わせ■
㈱M's構造設計Mail
info@ms-structure.co.jp(佐藤実直通)

㈱M's構造設計HP
http://www.ms-structure.co.jp/

構造塾HP
http://www.ms-structure.co.jp/kozojuku.html

佐藤実Facebook
https://www.facebook.com/minoru.sato.165

㈱M's構造設計Facebook
https://www.facebook.com/ms.structure/

構造塾Facebookグループ
https://www.facebook.com/groups/332629670201418/

8月の予定です

いつもながら申し訳ありませんが、関係者の皆様スケジュール確認をお願いいたします。

8月 2日(水)「構造塾」広島(広島市)
8月 3日(木)「構造塾」九州(福岡市)...
8月 4日(金)安成工務店一日集中講座(下関市)
8月 8日(火)「構造塾」東北(盛岡市)
8月 9日(水)「構造塾」かがわ(高松市)
8月10日(木)建築士会湖北地域会
        一日集中講座(長浜市)
8月17日(木)「構造塾」ながの(松本市)
8月18日(金)「構造塾」北陸(金沢市)
8月22日(火)「構造塾」群馬(前橋市)
8月23日(水)Keypoint版「構造塾」(恵那市)
8月24日(木)「構造塾」新潟(新潟市)
8月25日(金)「構造塾」プレセミナー(浜松市)
8月28日(月)「構造塾」プレセミナー(甲府市)
8月29日(火)「構造塾」プレセミナー(都内)
8月30日(水)住まいの構造改革推進協会版「構造塾」(横浜市)


「構造塾」講座はお試し参加可能です。参加希望の方は、ご連絡ください。
・メール:info@kouzou-cram.com(構造塾事務局)
・Facebookメッセージへ

■お問い合わせ■
㈱M's構造設計Mail
info@ms-structure.co.jp(佐藤実直通)

㈱M's構造設計HP
http://www.ms-structure.co.jp/

構造塾HP
http://www.ms-structure.co.jp/kozojuku.html

佐藤実Facebook
https://www.facebook.com/minoru.sato.165

㈱M's構造設計Facebook
https://www.facebook.com/ms.structure/

構造塾Facebookグループ
https://www.facebook.com/groups/332629670201418/

2017年7月18日火曜日

木造住宅は誰のためにつくるのか?

先日、ある工務店の社長と話しました。

 地域密着で木造住宅をつくっています。

 性能面は、これといって特徴無し。耐震性能、省エネ性能すべてが不明確・・・。
でも、一生懸命?まじめに?木造住宅をつくっています。


そこで、長期優良住宅の話をしました。
耐震性能、省エネ性能、劣化対策などなど、性能面が明確化します。金利優遇・税制優遇があります。グリーン化事業があるため補助金も利用できます。
お客様にとってメリットたくさん。このメリットが工務店にとっても売りになります。

ところが、
「長期はまだいいかな?難しそうだし」


なんじゃそりゃ!!


お客様は数十年のローンを抱えるんですよ。
家族が幸せに住み続ける夢みる住宅ですよ。
震災時には命を守るべき住宅ですよ。

なのに、「まだいいかな」って、何が「まだ」なんですか?
いつになればいいんですか?

 「難しそうだし」って、勉強しましょ!
難しくないから!

こんなかるーい感じで「住宅」をつくっていませんか?
住宅は消耗品じゃないですよ。

 失敗したら買い替える、
飽きたら買い替える、
そういうものじゃありません。

もっと責任感をもってつくりませんか。

■お問い合わせ■
㈱M's構造設計Mail
info@ms-structure.co.jp(佐藤実直通)

㈱M's構造設計HP
http://www.ms-structure.co.jp/

構造塾HP
http://www.ms-structure.co.jp/kozojuku.html

佐藤実Facebook
https://www.facebook.com/minoru.sato.165

㈱M's構造設計Facebook
https://www.facebook.com/ms.structure/

構造塾Facebookグループ
https://www.facebook.com/groups/332629670201418/

根拠はないけれど割合の話

住宅着工数が50%減!
こんな状況になると大変ですよね。

売り上げが半分になってしまう!
などと考えるかもしれません。

でも、これってそんなに影響することなのでしょうか??


年間100棟や1000棟、10000棟も住宅をつくっている会社は影響あると思いますが、
しかし、年間5棟、10棟の住宅をつくっている会社であればあまり影響ないのではと思ってしまいます。


で、蓋を開くと、
 着工数が減らないように努力をした100棟から10000棟クラスの会社が平均20%減、努力をせず、着工数が減るから仕事が減るはずと思い込み努力をしない会社が80%減、
全国平均してみたら50%減、こんな状況になってしまうのではないでしょうか。


そもそも、年間5棟、10棟であれば、例年同様5組、10組のお客様がいれば全国平均の住宅着工数減に影響されないと思っています。

とうぜん、そのための努力は必要です。

甘い考えなのかな?

 根拠はさほどありませんが、そう思います。

■お問い合わせ■
㈱M's構造設計Mail
info@ms-structure.co.jp(佐藤実直通)

㈱M's構造設計HP
http://www.ms-structure.co.jp/

構造塾HP
http://www.ms-structure.co.jp/kozojuku.html

佐藤実Facebook
https://www.facebook.com/minoru.sato.165

㈱M's構造設計Facebook
https://www.facebook.com/ms.structure/

構造塾Facebookグループ
https://www.facebook.com/groups/332629670201418/

2017年7月8日土曜日

定食屋とこだわりのラーメン店

 工務店はもっと「こだわりのラーメン店」のように得意な住宅造りをどんどん前面に出していくと、独自性が見えてくると思います。

でも、沢山のお客様が顧客になるよう「定食屋」をやりたがります。
あれもこれも何でもできる。
それって、何が得意なのか全く見えてきません。


定食屋よりダメなのは、
・あなた好みの食べ物をなんでもつくりますよ
・味もあなた好みにしますよ
・だから何か食べたいものを言ってください
こんな定食屋はメンドクサイし、どんな味の食べ物を作れるのかわからないから期待感も少ない・・・。

だからもっとお客様に期待してもらえるような「こだわりのラーメン店」が良いと思います。

そして、基本の味は決めましょう。その味がおいしければファンができます。
基本の味はお客様に決めてもらうものではありません。
だからと言って、好みも聞かず押しつけも良くありません。

むかしと違って家造りは変わっています。
「この地域ではこの工務店に家をつくってもらう」
という形態はなくなりました。
「この地域ではこの工務店に家をつくってもらう」
時代では、工務店は何でもつくれる定食屋である必要がありました。

でも今は違います。
情報があふれているため、お客様は自分好みの家をつくってくれる会社や事務所を調べます。
だから、独自性をだして情報発信する必要があります。

情報発信しないで、仕事がないと言う方が多いと思います。
「こだわりのラーメン店なんて人が来ない!」
「だれもラーメンつくってほしいと言ってこない」と・・・。

そうですよ、来るはずありません。
「僕は誰にも負けないくらいおいしいラーメンが作れる、でも僕にラーメンをつくってほしいと言う人がいないからお店を出せない」

こんなことを言っているのと同じです。
だから、お店を出して、情報を発信しないと。
と、思います。

■お問い合わせ■
㈱M's構造設計Mail
info@ms-structure.co.jp(佐藤実直通)

㈱M's構造設計HP
http://www.ms-structure.co.jp/

構造塾HP
http://www.ms-structure.co.jp/kozojuku.html

佐藤実Facebook
https://www.facebook.com/minoru.sato.165

㈱M's構造設計Facebook
https://www.facebook.com/ms.structure/

構造塾Facebookグループ
https://www.facebook.com/groups/332629670201418/

2017年7月6日木曜日

構造設計者と意匠設計者のおかしな会話

木造住宅業界でよくあるおかしな会話です。

 意匠設計者より、
「この物件のお客様は予算があるので構造計算お願いします」
といって構造計算依頼が来ます。


おかしいですよね?

お客様の予算が少ない場合はどうするんですか?
と聞くと意匠設計者より、
「予算がなければ構造計算しません!」
「そんなことはお客さなには伝える必要ありません、だって予算がないのだから!」
と、平然と言われます。

耐震性能はどうやって確認するの?
お決まりの経験と勘ですか??
(以前書きましたが、構造計算をしたことのない方には、そもそも経験はなく、当然勘も働きません)

こんなおかしな会話が構造設計者と意匠設計者の間では行われています。

■何がおかしい会話?
■だって予算がなければ構造計算費用が出ないのだから仕方がないでしょう!

もし、本気でそう思っているのならば、以前書いた建築士の責務や倫理観をよく読んでください。
耐震性能などの構造安全性は予算の有無で「やる」、「やらない」を決めるものではありません。
必ず計算して安全性を確認する必要があります。

それでもわからなければ、構造計算を「断熱材」に置き換えて考えてみてください。
「予算があるから断熱材を入れる」
「予算がないから断熱材は入れない」
「そんなことはお客様に伝える必要ありません、だって予算がないのだから!」
こんなことは絶対にしませんよね。
予算の大小に関わらず断熱材は必ず入れますよね。

こんな低レベルの会話はもうやめましょう。
建築士なんですから・・。
予算の大小で決めるのは、耐震等級レベルや制振装置の検討などではないでしょうか。

■お問い合わせ■
㈱M's構造設計Mail
info@ms-structure.co.jp(佐藤実直通)

㈱M's構造設計HP
http://www.ms-structure.co.jp/

構造塾HP
http://www.ms-structure.co.jp/kozojuku.html

佐藤実Facebook
https://www.facebook.com/minoru.sato.165

㈱M's構造設計Facebook
https://www.facebook.com/ms.structure/

構造塾Facebookグループ
https://www.facebook.com/groups/332629670201418/